Daily Thai Life  タイでの日常生活


カテゴリ



メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク



プロフィール

thailife

Author:thailife
Daily Thai Life へようこそ
アセアン投資顧問団の一員として初めてタイ バンコクを訪問してはや11年。手持ちの写真資料を整理しながらタイでの見聞を少しづつご紹介します。
現在はバンコクとホーチミンでロングステイ中



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


王室の宝物
01takara5 02yakara6 03takara7


04takara8 05takara9 06takara10


07takara11 08takara12 09takara0


10takara1 11takara2 12takara3


13takara4


王宮の北東にはラーマ5世(チュラロンコーン大王)が作ったDusit palaceと言う地区があります。

いろいろ重要な建物があるのですが、なぜ作ったかというとラーマ5世には奥さんが160人以上、子供が77人いたので王宮には入りきれなかった為。

現在ここには王室の宝物がたくさん展示されていてじっくり見学するとたっぷり1日かかります。今回は金細工の宝物を集めてみました。撮影は禁止。Airportよりチェックは厳しいです。

現国王の王妃の誕生日祝いの作品は職人100人強、2年半かけて作られたものだそうです。

我々は2日半の手編みのセーターでも貰ったら大満足なのですが。


スポンサーサイト

王女の火葬
01gara0 02gara1 03gara2


04gara3 05gara5 06gara4


07gara6 08gara7 09gara8


10gara9 11gara10 12gara11


13gara12 14gara13 15gara14


16gara15 17gara18 18gara17


2008年11月15日、現タイ国王の実姉で、2008年1月2日にガンのため84歳で死去したガラヤニ・ワッタナー王女の火葬の儀が首都バンコクの王宮前広場「サナーム・ルアン」で行われました。葬儀は古式に則って行われ、火葬場はタイ伝統古典舞踊コーンの物語、ラーマキエンの神々によって守られました。

王女は小学校から大学までスイスで教育を受けられ、帰国後は数々の国立大学でフランス語を中心に教壇にたたれたり、僻地の医療向上に尽力され、国民からとても慕われていた王女でした。

ご逝去の時には象もひれ伏している写真も公開されています。

王女が創設した財団は63財団にも上ります。







ローヤルバージ

タイの古代船


幻想的な写真ですが、現在でも見られるのでしょうか



古代船10  古代船9  古代船8

古代船7  古代船6  古代船5

古代船4  古代船3  古代船2

古代船1  古代船





テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

タイ国王コレクション2
国王写真10  国王写真9  国王写真8


国王の記念切手
国王の記念切手

国王切手4  国王切手3


国王  国王





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。