Daily Thai Life  タイでの日常生活


カテゴリ



メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク



プロフィール

thailife

Author:thailife
Daily Thai Life へようこそ
アセアン投資顧問団の一員として初めてタイ バンコクを訪問してはや11年。手持ちの写真資料を整理しながらタイでの見聞を少しづつご紹介します。
現在はバンコクとホーチミンでロングステイ中



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


巨大ブランコ
01ブランコ0 02ぶらんこ1


バンコク都庁前にGiant Swingと呼ばれている巨大なブランコがあります。このブランコ、1784年に建立し何回か立て替えられ1947年の大火で破損したまま残されていたものを、今回新築しなおしたのだそうで、去る2007年9月12日国王陛下、妃殿下のご来臨を賜り建立の式典が開かれたそうです。

今回の建替えは樹齢200年以上、高さ20m以上のチーク材6本を選び出しアユタヤでつくられたのですが、今後100年もつと云われています。

私の目からすると、ブランコというより背高のっぽの鳥居という感じですが、何の目的で作られたのでしょうかね。

云われはヒンズー教の神話にありました。神話では天地創造の神であるビシュヌ神が地球を創造する際にシバ神を呼び大蛇を2本の木の間にはべらせその上にシバ神を片足で立たせて落ちなかったら、この地は安定した場所だというわけで地球に人間を創造したということになっています。

国家安定の象徴として建立されているのです。

タイ国は仏教徒が95%ぐらい占めていますがヒンズー教の儀式も昔からたくさん取り入れられています。

似たような信仰に「市の柱」と言うのもあります。



03ブランコ2 />


この町の人からすれば、きっと大切な信仰対象なのですよね。




スポンサーサイト

Drinking Tower
Drinking Tower


バンコク市街地にDrinking Tower なるものが建設され始めています。
歩道上の水飲みタワーで無料です。MBK(百貨店のマーブンクロン)とMRTホイクワン駅で見かけました。このタワーの下を見ると水道管に繋がっています。と言うことはバンコクの水道水は飲めるようになったと言うことですね。本当でしょうか?

少しと遠くから眺めていると、バイクタクシーのお兄さんが使いに来ました。手を洗い、顔を洗い、首筋に水をかけています。けっして飲みませんでしたね。タイ人もまだ疑っていますよ。飲んでいる人見たことないです。

タイの上水道処理施設の技術指導は日本が行っているそうです。浄水場から出たばっかりの水はきれいで、日本と同じ品質らしいのですが、どうも家庭にまで来る間に汚れてしまうのが実情のようです。

私、試しに飲んでみましたが元気です。怖いもの知らずですね。





1バーツの使い道
体重計



タイの通貨で最低単位は25サターンというコインですが、日本円にすると1円にもなりませんから使い道がありません。じゃなぜ手に入ってくるかというとスーパーなどでのつり銭に消費税(VAT)の関係で端数が出るときにくれます。1バーツでも使い道が無く貯金箱に入れてしまいます。最も10枚ためれば10バーツになり、かなり使い道が増えてきますが。
普通に生活していて使用するコインは10バーツからでしょう。
屋台でちょっと何か買うのも10バーツからだし、BUSに乗るのも7~8バーツします。

1バーツだけで単独で使える用途を発見しました。
スーパーロータスのトイレの入り口に最近デジタル体重計が置かれこの料金が1バーツだったのです。体重計は日本では家庭にある家も多いですが、タイでは家庭に体重計おいてある家はまずないでしょう。

トイレに行きたいのに体重計ってる場合じゃないですよね。お帰りの節にはご利用下さいの意味です、きっと。

そういえばベトナムでは歩道で体重計引っ張って商売にしてた人も居ましたけど。



感電死
 電線0  電線1  電線2


電線というのは、危険につき電柱の上の方に張って人間の手が届かないようになっていると思いきや、これは日本人の先入観でした。バンコクの市街地で歩道橋を渡るときは電線に触らないように気をつけねばなりません。
弛んでいる電線もあれば、切れて垂れ下がっているものもあります。いずれは地下に潜るのでしょうが数十年先の話のようです。

バンコクでは毎日夕方から歩道上にたくさんの屋台やワゴンが出てにぎわいますが、これらの店の電気はどこから引っ張って来るのでしょう。発電機が回っている様子もありません。
簡単です。懐中電灯を使うか近くの電柱から電線を引っ張って電気を借用するかどちらかです。電気の借用は合法的にやっているのでしょうか。きっと地元の有力者にいくらか払っているのでしょう。

バンコクの電柱には上,中、下と3段階ぐらいに電線が張ってあります。一番上の電線はしっかりと張ってあるのですが、下に行くほど、歩道橋の高さぐらいの電線はまさに混乱状態です。
ブログに写真あります。

写真を撮るときも電線が邪魔になって上手く取れないことがしょっちゅうあります。




公衆トイレ

トイレ  トイレ2   トイレ3


トイレ4

タイの公衆トイレです。 最初の2枚はガソリンスタンド併設のものできれいです。

後半2枚はパタヤからの帰り道途中のお土産屋さんのトイレ。ここは特別にきれいでした。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。