Daily Thai Life  タイでの日常生活


カテゴリ



メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク



プロフィール

thailife

Author:thailife
Daily Thai Life へようこそ
アセアン投資顧問団の一員として初めてタイ バンコクを訪問してはや11年。手持ちの写真資料を整理しながらタイでの見聞を少しづつご紹介します。
現在はバンコクとホーチミンでロングステイ中



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セラドン焼き
01セラドン0  02セラドン1  03セラドン2


04セラドン3  05セラドン4  06セラドン5


07セラドン6  08セラドン7  09セラドン8


10セラドン9


タイの焼き物といえば、ベンジャロン焼きとセラドン焼き。

セラドン焼きには日常の食生活で使用するお皿なども多く作られており、値段も手ごろなのでお土産品にはとてもよいのですが、難点は割れ物であること。買うのであれば多めに買って、小さなダンボールにきちっと詰めれば安心です。ダンボール詰めはプロがやってくれます。

このセラドン焼きは薄いブルーやグリーン一色のが多く、日本の焼き物では見られない色彩がとても人気になっています。

ルーツは中国の宋胡録焼でタイにはスコータイ王朝時代に伝わってきました。

バンコクでもスクンビット通りソイ16に「セラドンハウス」という専門店がありますし、チャトーチャック市場に行けば格安で手に入ります。

セラドン焼きに使用されている陶土はチェンマイ産なので、チェンマイのお土産品製作工場が立ち並ぶサンカムペーン通りに行くと、セラドン焼きの製作工程を見せてもらえます。

ちなみにセラドンは「青磁」という意味だそうです。

写真はルンビニナイトバザール内いあるセラドン焼き専門店、バーンセラドンで撮らせていただきました。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。